03-3491-1088

ブログBlog

Blog

03-3491-1088

診療時間

平日 9:30~13:00/14:30~19:00
土・日 9:00~12:00/13:00~16:00

休診日

木曜/祝日

Home > ブログ > 小さい虫歯も痛くなる?

ブログ

小さい虫歯も痛くなる?

今年度の目黒区成人歯科検診が7月から始まり、多くの方が検診で来院されています。
「虫歯があったらどうしよう?」とか「最近ちょっとしみるから心配」「症状が何もないから大丈夫だろう」
受診される時のお気持ちは様々だと思います。

「症状があって来院され虫歯がみつかる」場合と「検診等他の理由で来院され、症状がなかった虫歯がみつかる」
場合、どちらが多いと思いますか?
統計を取ったわけではありませんが後者のほうが割合としてはやや多いと思います。

虫歯がある=痛い、とは限らなということです。
削らなくても済むくらいの初期虫歯や、削るといってもわずかで治療の回数も少なくて済む虫歯のほとんどは自覚症状がありません。検診でいらして「症状無いと思いますがここに虫歯があります」と御説明してびっくりされることもありますし、時には「こんな大きい虫歯があるのに痛くないんですか??」と思うこともあります。程度は様々ですが、恐らく皆さんが思ってる以上に虫歯の症状は「出にくい」、つまり発見が遅れがちです。

じゃあ、痛みがある=虫歯、かというとこれも必ずしもそうではありません。
「冷たいもので歯がしみる」という経験多くの方があると思います。虫歯ではないのに歯がしみる代表的なものに「知覚過敏症」があります。「絶対虫歯だ!」と思って歯科を受診したら「知覚過敏ですね」と言われ拍子抜けした、なんてこともあるかもしれません。

じゃあどうすれば良いか。
気になる症状が無くてもたまには歯科検診を受けるのが良いと思います。
人間ドックも同じですね。早期発見早期治療が重要です。

我々も極力歯を削りたくないし、抜きたくありません。
治療が必要な虫歯を早期に発見できる検診を是非御活用ください。

虫歯があるからといってその日のうちにいきなり削ったりはしません。
まずは御説明しますので。軽い気持ちで予約をお取りください。

シェアするShare

ブログ一覧