不動前駅・下目黒の歯医者なら目黒不動前デンタルクリニック

お電話でのご予約はこちら

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

コンテンツの編集

お電話でのご予約

平日:9:30~13:00/ 14:30~19:00
土日:9:00~12:00/ 13:00~16:00
※日曜日の午後は休診

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

虫歯治療

caries treatment

そもそも虫歯とは?

虫歯のイメージ

虫歯菌は食事や飲み物などの糖分をえさにして、歯垢の元となる粘着性の物質や酸を作り出します。

歯の表面のエナメル質は、細菌の酸によってカルシウムやリンなどが一時的に溶け出す「脱灰」と、唾液中のカルシウムやリンを吸着して元に戻る「再石灰化」とを繰り返しています。

しかし、歯垢が長く留まると細菌が作り出す酸が増え、やがてエナメル質に穴があいてしまいます。これがいわゆる「虫歯」の状態です。

エナメル質に穴があくと自然に修復することはなく、放置するとその下の象牙質や神経にまで虫歯菌が浸食してしまいます。

虫歯が疑われる症状

虫歯

虫歯の進行状況

C1(初期の虫歯)

歯の一番表面にあるバリア(エナメル質)が、虫歯によって侵されている状態です。

症状がないまま進行する場合もあり、診察を受けてから、偶然見つかるというケースも少なくありません。

多くの場合は、歯科治療用のプラスチック(コンポジットレジン充填剤)による即日での治療が行われます。

C2(象牙質まで進行した虫歯)

エナメル質が侵され、その真下にある象牙質にまで病状が進んだ状態です。

この象牙質は、目に見えないほど細かい管が密集する構造です。

管の先は神経に繋がっているため、たとえば水や食物が触れると、しみるようになります。

C1のように歯科治療用のプラスチックで治療する場合もあれば、歯を削ったあとに型を取って、それをもとに作成した詰め物(金属またはセラミック等)で治していきます。

C3(歯の神経にまで進行した虫歯)

虫歯を引き起こす菌が神経に達すると、強烈な痛みが発生します。

これは神経が直接、虫歯菌の「酸」の刺激にさらされるため、ひどい痛みを感じるからです。

神経からあごの中へと菌が移動する前に、ただちに感染した神経を除去する必要があります。この状態になると歯の根っこの治療(根管治療)が必要です。

C4(歯の根っこまで進行した虫歯)

虫歯によって歯の頭が大きく溶かされ、神経も菌に侵されて、根っこだけになってしまった状態です。

ただちに治療を進めなければ、あごの骨や、隣の歯にまで感染が広がってしまう病状だとも言えます。

小さな歯の根の上にかぶせ物をしても、その重さに歯の根が耐え切れないと判断された場合は、場合によって歯を抜く処置が必要となります。

虫歯の治療方法と一般的な流れ

診療室

虫歯の部分を削り、削った箇所に詰め物やかぶせ物をするという大まかな流れは、虫歯治療の基本となる方法です。
しかし虫歯が進行するほど、その治療にはいくつもの工程が増えていきます。

小さい虫歯の場合(詰め物・インレー)

小さな虫歯の場合は、感染している部分を除去した上で、歯科用の治療用プラスチック(コンポジットレジン)を詰めて、治療を行います。

詰め物の治療の流れ

  1. 虫歯になっている部分を削る
  2. 削った箇所にレジンを充填する
  3. 特殊な光を当てて硬化させる
  4. 噛み合わせを調整する
  5. 研磨し、形を整えて終了

大きな虫歯の場合(かぶせ物・クラウン)

大きな虫歯の場合は、歯科治療用のプラスチック(コンポジットレジン)で対応出来ないケースもあるため、必要に応じて型を採り(口腔内の模型を作成するため)、それをもとにクラウン(かぶせ物)を作成します。

かぶせ物の治療の流れ

  1. 神経が痛む場合は麻酔をする
  2. 虫歯の部分を削る
  3. 神経に達していれば神経を取る
  4. 型をとり1回目は終了
  5. 2回目の治療でかぶせ物を装着する

歯の根っこ部分まで進行した虫歯の場合

根管治療

歯の根っこの先にあるのは「あごの骨」です。つまり虫歯の菌があごまで達し、悪さをすることがあります。

これを「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」と言います。

基本的には虫歯治療と同じく「感染した部分を取り除くこと」ですが、骨のなかに埋まっている「根っこの先」までは削れませんので、リーマーと呼ばれる細いやすりで歯の中を掃除し、薬を用いて菌を可能な限り殺菌する必要があります。

当院ではマイクロスコープを完備していますので、より精度の高い歯の根っこの治療(根管治療)が可能です。

虫歯治療の費用について

歯科治療には保険診療と保険適用外診療(自費治療)がございます。
料金に関してご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

詰め物(インレー)

セラミックインレー(小臼歯)

55,000円(税込)

セラミックインレー(大臼歯)

60,500円(税込)

セラミックアンレー

66,000円(税込)〜

ジルコニアインレー(小臼歯)

55,000円(税込)

ジルコニアインレー(大臼歯)

60,500円(税込)

ハイブリッドセラミックインレー(小臼歯)

33,000円(税込)

ハイブリッドセラミックインレー(大臼歯)

38,500円(税込)

かぶせ物(クラウン)

ジルコニアクラウン

121,000円(税込)

e-Maxクラウン(セラミッククラウン)

121,000円(税込)

メタルボンドセラミック

143,000円(税込)

ハイブリッドセラミッククラウン

77,000円(税込)

CAD / CAM冠

保険適用

虫歯治療後の食事などの注意点

注意点

インレーやクラウンなどを作るにあたって、一時的に仮のつめ物を使うことがあります。

あくまで「仮」なので、次回診察時には外さねばなりません。ある程度は取れるようにくっつけているものですが、日常生活の中で、不意に取れてしまう場合もあります。

取れてしまった場合は、ご連絡を頂ければお付け致しますので、お気軽にご相談下さい。

虫歯にならないための予防ケア

歯科イメージ

ご自宅で歯磨きなどのセルフメンテナンスはとても大切な予防ケアです。

ただし、付着してから時間が経過した歯垢(プラーク)は硬い歯石となり、歯ブラシでは除去することが困難です。

数か月に1度は歯科医院での専門的な口腔ケアを受けて頂くと、より口腔内が健康的な状態に近づきます。