不動前駅・下目黒の歯医者なら目黒不動前デンタルクリニック

お電話でのご予約はこちら

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

コンテンツの編集

お電話でのご予約

平日:9:30~13:00/ 14:30~19:00
土日:9:00~12:00/ 13:00~16:00
※日曜日の午後は休診

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

口腔外科

Oral surgery

口腔外科とは?

歯科イメージ

お口の中やあごの骨などに表れる症状などに対して、外科的な治療を口腔外科治療と呼びます。

抜歯やインプラントなども、口腔外科の治療に含まれます。

当院では主に歯・歯茎に関係する外科的治療を行っています。

口腔外科の治療例

親知らずの埋伏歯

抜歯(埋伏歯など)

親知らずが虫歯になったり、周囲の歯を圧迫して痛みを引き起こしている場合は、抜歯をするのが一般的です。

中でも、歯茎の中に埋まっている親知らず(埋伏歯)は抜歯が難しく、歯茎を切開したり、抜歯後に縫合したりする処置が必要になります。

また重度の虫歯や歯周病で治療の見込みがない場合や、抜歯が必要になることがあります。

インプラント治療

インプラント

インプラントは失った歯の代わりに人工歯根(インプラント体)をあごの骨に埋入し、装着する人工歯です。

歯茎を切開し、あごの骨にドリルで穴を開けて人工歯根を埋め込み、骨と結合するまで数ヶ月間様子を見ます。

骨との結合が確認されたら、人工歯根に連結部を付けて人工歯を装着します。

外科的な処置はもちろん、レントゲン撮影、全身疾患の検査など、手術を行う前にも入念な検査や準備を必要とします。

顎関節症

顎関節症はあごの関節や筋肉に異常が起こる病気で、口が開けにくくなったり、あごに痛みを感じたりする症状が表れます。

発症の原因は様々ですが、歯ぎしりや食いしばり、頬杖などの日常的な癖、噛み合わせなどが挙げられます。

睡眠中の歯ぎしりや食いしばりには、スプリントというマウスピースを作製し、夜間に装着して防ぐ治療を行います。

ただし、治療には日常生活の見直しも大きく関わりますので、あごに負担がかかる行動、筋肉をほぐすマッサージやストレッチなどについてもアドバイスします。

なお、当院では専門医の治療が必要な場合、必要に応じて大学病院にご紹介します。

歯の外傷

転んで顔を強く打った時などに、歯が欠けたり、ぐらついたり、抜け落ちてしまったりした場合、状況に応じた処置を施します。

欠けた歯はレジンというプラスチック材や金属、セラミックなどで形を元に戻します。

ぐらついている場合はレントゲンで歯根や骨の状態を確認し、抜歯せずに済むようであれば、両隣の歯と固定して様子を見ます。

抜け落ちてしまった歯も、状態が良ければ再植できる可能性があります。早急に受診しましょう。

小帯異常

小帯とは、唇や頬の内側・舌の裏側にあるすじのことです。

小帯は本来は歯と離れた位置にあるものですが、小さいお子さんの中には、前歯の隙間に入り込んでいる(上唇小帯異常)、下の前歯の裏側と接近している(舌小帯強直症)といった症状が見られることがあります。

小帯異常は成長に伴って自然に治るケースも多いですが、歯磨きの邪魔になるので虫歯のリスクが高まります。

そのため、治らない場合はつながっている箇所を切除して正常な状態にします。

まとめ

目黒不動前デンタルクリニックの受付

親知らずの抜歯から顎関節のトラブルまで、口腔外科で行う治療は幅広い種類に及びます。

お口の中の外科的な処置と聞くと、多くの患者様は不安に感じるかもしれません。

しかし、当院では精密な機器や効果的な麻酔などを使い、常に患者様の負担を軽減する努力をしています。

比較的簡単な治療や手術は日帰りでも行えますので、お口の中に異常を感じたら、お早めにご来院ください。

また、自覚症状のない疾患を早期発見・早期治療するためにも、定期的な歯科検診をおすすめします。