不動前駅・下目黒の歯医者なら目黒不動前デンタルクリニック

お電話でのご予約はこちら

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

コンテンツの編集

お電話でのご予約

平日:9:30~13:00/ 14:30~19:00
土日:9:00~12:00/ 13:00~16:00
※日曜日の午後は休診

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

初診の方
WEB予約

再診の方
WEB予約

LINE
予約

セラミック審美治療

caries treatment

セラミックとは?

ハイブリッドセラミック
ジルコニア

セラミックは陶器に使われる素材で、歯科治療でも詰め物、かぶせ物に使用されます。

白く光沢があり、天然歯に近い色と自然な質感が特徴です。

保険診療ではいわゆる銀歯(金銀パラジウム合金)やプラスチックが使用されますが、銀歯は金属のため目立ちやすく、プラスチックは耐久性に欠けるという欠点があります。

一方、セラミックは審美性が優れ自然な仕上がりになります。

また、金属アレルギーの心配がないこと、また細菌が付着しづらいことなど、見た目だけではなく耐久性を求める方にもおすすめです。

 

セラミック素材の種類

ジルコニア

ジルコニア

メリット・デメリット

詰め物・かぶせもの

ジルコニアは、セラミックの一種で、「ジルコニアセラミック」とも呼ばれます。

ジルコニアは、金属に近い高い硬さと強度があり、奥歯など大きな力がかかる歯の修復にも使うことができるのも特徴の1つです。

そのため、従来のセラミックと比べて「適応できる歯の種類が多い」という大きな特徴があります。

セラミック(オールセラミック)

オールセラミック

メリット・デメリット

詰め物・かぶせもの

オールセラミックは、その名の通り全てセラミックのみで作られた素材です。

審美性に優れ、天然歯と見分けがつかないほどの光沢や透明感を持っています。

自然な色合いを表現することが得意で、前歯や小臼歯など、見た目が重要な歯の治療に適しています。

ただし陶材の特性上、強い衝撃がかかると欠けたり割れたりすることがあるため、歯に力が加わりやすい奥歯の治療には向いていない場合があります。

メタルボンドセラミック

メタルボンドセラミック

メリット・デメリット

かぶせもの

金属を土台とし、外側にセラミックを施した素材です。

オールセラミックのデメリットである強度の問題を金属の丈夫さでカバーしているため割れにくいのも特徴です。

セラミックに近い見た目を実現でき、微妙な色の調整が可能です。

また、金属を使用している分、オールセラミックよりも費用を抑えることができます。

ただし、金属の種類によってはアレルギーの原因になったり、溶け出した成分で歯茎が黒ずんだりすることがあります。

ハイブリッドセラミック

メリット・デメリット

詰め物・かぶせもの

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜた物で、セラミック素材の中では比較的値段が安い素材です。

セラミックほどの審美性や耐久性はないものの、レジンよりも仕上がりがきれいで強度があるという、まさに中間的な位置づけにある素材だと言えます。

また、レジンを含むことである程度のやわらかさがあり、噛み合わせる歯を痛める心配がありません。

ただし、長く使用しているとすり減ったり、変色することがあります。

セラミック・審美治療の流れ

院内

セラミック治療とはあくまで詰め物や被せ物などにセラミック素材を使って行う治療のことを指します。

虫歯や歯周病、その他根管治療など症状に応じて治療の流れをご参照ください。

セラミック治療のリスク・注意点

注意点

セラミックは衝撃や噛む力などによって欠けたり割れたりすることがあるため、素材に厚みを持たせる必要があります。

特にかぶせ物の場合は、金属を使用するよりもやや多く歯を削ることがあります。

また、歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある方は、セラミックが破損するリスクが高まります。

セラミック治療は基本的に自費診療となりますので、どの素材においても保険診療より高額になります。

セラミックの費用について

歯科治療には保険診療と保険適用外診療(自費治療)がございます。
料金に関してご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

詰め物(インレー)

セラミックインレー(小臼歯)

55,000円(税込)

セラミックインレー(大臼歯)

60,500円(税込)

セラミックアンレー

66,000円(税込)〜

ジルコニアインレー(小臼歯)

55,000円(税込)

ジルコニアインレー(大臼歯)

60,500円(税込)

ハイブリッドセラミックインレー(小臼歯)

33,000円(税込)

ハイブリッドセラミックインレー(大臼歯)

38,500円(税込)

かぶせ物(クラウン)

ジルコニアクラウン

121,000円(税込)

e-Maxクラウン(セラミッククラウン)

121,000円(税込)

メタルボンドセラミック

143,000円(税込)

ハイブリッドセラミッククラウン

77,000円(税込)

CAD / CAM冠

保険適用

セラミック治療に関するQ&A

金属アレルギーですがセラミックは大丈夫ですか?

土台に金属を使用したメタルボンド以外は、金属アレルギーの心配がありません。ただし、インプラントのかぶせ物にセラミックを使っていたとしても、人工歯根のチタンに対してアレルギーのある方は注意が必要です。

金属アレルギーの可能性がある場合は、一度皮膚科でパッチテストを受け、どの金属に対してアレルギー反応が出るのかを確認することをおすすめします。

セラミック治療は医療費控除の対象ですか?

虫歯などの治療を目的としてセラミックを使用する場合は、医療費控除の対象となります。

しかし、歯を白くしたいといった審美目的の場合は対象外となりますのでご注意ください。

医療費控除を受けるには確定申告が必要です。その際、医療費の明細書を作成するために領収書が必要になりますので、過去1年間に受け取った領収書は大切に保管してください。